iPadアプリ開発開始ー…になるのか?

JUGEMテーマ:iPhone・iPadアプリ開発

会社でiPadを買うことになったので、今後は基本情報の勉強よりこっちが優先されることに。

成果出せっても、ひと月ふた月で出せるんかねぇ。出せなきゃ社長にとやかく言われること請負だなぁ。他人事じゃないなー。

iPadは持ち帰っていいらしい。マイMacBookで作ることになりそうだが、会社で買ったiPadをプライベートPCに繋ぐのは、問題があるような無いような。

そのへんも俺任せなっちゃうのかなぁ。仕事はずいぶんヒマしてたけど、開発ならともかく、管理やらなんやらまで任されるんはメンドくさそうである。



ここのところは世界樹3もさっぱり遊べてないや。だからって勉強や仕事が進んでるかといったら微妙だが…。進んでるかどうかも不安だし、方向があってるかも不安。

やはりゲームと言うものは、明確な目的が与えられることと、それを達成するための手順が(現実に比べれば)単純だから魅力があるんだろうなぁ。

現実は難易度の高すぎるR・P・G。エンディングにはまだ早い。経験不足は命取り。

さて、来月の終り頃にゃあ、iPadアプリの試作1号機でも完成してますように…6月は祝日ねーんだよなぁ、雨多いし…。

iPhoneアプリのアップデート

TURU-KAME

無事にアップデート完了。先月もから配布を始めたiPhoneアプリ「TURU-KAME」。

特に苦労も無くできたけど、iTunes ConnectにiPadとかOS 4.0に関係する項目が追加されてた。

あと、英語の説明文はおろか、日本語の説明文にも間違いを見つけちゃったので修正。ダメだね〜ちゃんと見直しとかないと。

Flash CS5でのiPhoneアプリ開発が怪しくなってきたので、次がいつになるかはわからないけど、とりあえず勉強。ゆっくりと。

正直ホッと

公開日は24日に設定しておいたはずだが23日23時の時点で、すでにApp Storeに並んでました。マイファーストアプリ「TURU-KAME」。

お隣の記事がTURU-KAMEのホームページってことになってるので、詳しくはこっちから。

店に並ぶまでがiPhoneアプリ開発…てことで、ようやく一安心。

には、まだ早い?バグとか見つからなきゃいいんだけどねぇ。

無料だし、それほど気負ってもないけどね。

まだ、ニューリリースの欄には出てないや。気まぐれで検索したら出てきちゃったから、もう少し前からストアに置いてあったかも。

そて、それじゃ次目指して頑張りましょうか。

なんとしても、自力で年会費10800円を取り戻せ!

最速!?一日でリジェクト!

16日にiTunes Connectに提出したiPhoneアプリが、ものの一日でリジェクトされた。

な、なんだとっ!?と、思って、Appleから届いた理由メールを確認(昔は何にも教えてくれなかったとか)。

翻訳サイトとかを利用し要約すると、アイコンに問題があったらしい。

その日のモバイル学会におけるiPhoneアプリ開発の講義でも言われていた事だが、どうやらバイナリに含む小さなアイコンと、iTunesに表示する大きなアイコンのデザインが大きく異なっていては行けないらしい。

文字入れるくらいなら問題ないはずだが(だって他にそういうアイコンあるし)、どうも文字を読みやすくするために、背景を暗くしすぎたのがまずかったかもしれない。

そんな訳で早速にアイコンを修正。即再提出。

今度は審査に入って一日たってもリジェクトはされていない。

さて、無事に通ってくれるのだろうか…?

iTunes Connectへ提出ー…成功だとっ!?

JUGEMテーマ:iPhoneアプリ開発

何ぃ!?丸一日使って悩んだあげく、恥ずかしいくらいの間違いを犯していた。

ビルドする際、Xcode左上の「概要」のアクティブな構成を「Distribution」にしたまでは良かったんだけど、さらにアクティブSDKの項目を「Device」に。

これだけで通りました。iTunes Connectのバイナリ提出。

無知なままに、突っ走ってきただけあって、その辺の選択が何を意味しているかもはっきりとは理解していない。

まぁ何にせよ、無事に提出が出来たので、後は審査の結果を待つのみです。

通るかどうかは果てしなく未知数。

iTunes Connectへ提出ー…失敗

またまた英語だらけのサイトにて四苦八苦右往左往するはめに。

なんやかや今年に入って本格的にiPhoneアプリ開発を始めてはや3ヶ月が経とうとしちゃってる。

ダラダラやってたとはいえ、まだ一本も提出できてないよ。

Flashでアプリ作って、Web公開するだけだったら1週間で出来たっての。

グラフィック素材だけは Flashのプロジェクトで作ってあるから、体験版をWeb公開なんてのもしてみようかな。どのみち無料だし。

…とまぁ、愚痴もさておき。
続きを読む >>

更なる修正、入りま〜す

DSのセカキュー2を4月発売のに向け完全クリア目指して再始動したり、布団の中で手を動かしたら猫に襲われて傷だらけになったり、海外での大震災が増えてきた気がしたり…そんな今日この頃。

先月末に、会社の上司ほか数名の方にも見ていただいたマイファーストiPhoneアプリ「TURU-KAME」。このプチプレゼンが終わったら公開しようかなーなんて考えてたが、大学で見せたときとほぼ同じ反応されたので、さらに修正を加える…。

主なツッコまれた修正点はこんな感じ。

・こんな計算問題できるの!?
・正解、不正解した事が伝わりづらい。
・ルール画面がやっぱりちょっと長い。
・とういか、フリックでページ切り替えじゃないの?
・中断機能はないとダメだろう。
・そもそも鶴亀算って何?

……。最初と最後のに関しては、アプリ全否定されるようなものなのでどうしようもない。

2週間で修正して再提出。正否の通知やフリック操作、中断機能はつける予定。

フリック操作は初めて且つ、手持ちの参考書にも載ってないので、また先人の知恵を借りてがんばりますか…。

これで販売…可能なのか?

iTunes Connectでの情報登録。なんだか調べたサイトとはずいぶんフォームの内容が変わっていた。どこかで登録内容を間違えたのか?Appleが変更したのか?図を入れた内容を公開するので、よかったら役立ててください。EINの入力欄が無かったぞ。ダイジョブなのか?

こういう手続き苦手…日本語でも面倒なくらいだよ。

Banking Information(銀行情報の登録フォーム)
Bank Info

(注:全て「たぶんこうだろう」という適当な翻訳です。責任は持ちません)
・銀行のある国
・全銀コード(銀行の識別番号的なもの。調べれば出る。支店まで指定)

・銀行名(全銀コードいれたら自動で)
・銀行住所(こっちも)

・口座番号(伏せ字)
・口座番号の確認(なぜか伏せ字でない)

・口座名義(日本語で入力出来なかったから英語で)
・口座種類(普通預金だから"FUTSU")
・通過(日本円)

Manage Your Tax Information(税金関係の情報、らしい)
Tax Info

・個人か団体の名前
・所在地
・販売形態?(個人だからIndividual)
・住所
・宛先(上と同じならsameを選択)
・開発チーフ的な人?(個人だから自分の名前?)
・一個上と同じにしといた(よくわからんから)

主な参考サイト:Studio Heart Lab

電子証明書の移行

 先駆者たちの助けにより無事成功。

・実機転送の成功したMacの方で

キーチェーンアクセス(アプリケーション)>
iPhone開発に関わる秘密鍵を右クリック>
メニューから「書き出す」を選択>
拡張子「.p12」で書き出す
(このファイルは厳重に管理する)>
.p12ファイルを新しいMacの方へ持ってく>
持ってきたダブルクリックする

…だいたいこんな感じだったはず。

新Macの方にできた証明書に「不明な機関による署名」みたいな事が書かれていて焦ったけど、悩んでるうちにしばらくしたら「この証明書は有効です」になってた。なんで?

後は開発者ポータルからプロビジョニングファイルを再ダウンロードと。

プロジェクトファイルの情報の署名IDのところも修正したっけ。

失敗できないお引っ越し

 突然ですがMacBook Pro(4M)を買いました。ほんとに突然。

頭ぼーっとしながら価格ドットコムを眺め、ヤマダ電機で買えばポイント差し引いて12万未満かー…なんて思いつつ3回くらい壁に頭をぶつける感じで購入。高い買い物って慣れないな…。いや、慣れたら慣れたで怖いけど。

残念ながら、先日の土曜にアップルストア栄店で開かれた「天下一アプリ武道会」には間に合わず。なかなかの盛況ぶりだったようですし、主催の名古屋文理大の教授陣なら、きっとまた開催してくれるでしょう。

さて、なんやかやで自分のアプリも武道会で発表したおかげもあり、どっと疲れて帰宅後は家に届いていたMacBook Proの箱を横目にすると、そのまま安らかな顔で深い眠りついたのであった…。

さて、ぐっっすり眠った後はレッツ起動&移行作業。写真は普通にUSBで転送。SkypeやらTweetDeckやらAdobe CS4をインストール。ミュージックとアプリはiTunesのホームシェアリングとやらで移行。事前に旧MacでiPod touchをバックアップしておく。

さて、残すはiPhoneSDKとプロビジョニングファイルとかの証明書。それにそのたFlashとかの作成物。後者はUSBで移せばいいとして、前者の証明書のたぐい。これはなんだか厄介らしい。

聞いた話では、失敗したら無効になってしまうとか。iPhone開発の先駆者から受けた警告。とりえあえず、明日はその作業から始めることになりそうである。

つづく