ペルソナ5をプレイ中 その2(無事クリア)

 

ちょうど100時間くらいでクリア。レベルは70くらいだったかな。全書は70パー越えてたくらい。

 

恋人は、奥村春になったはずだが、ランク10まであげないと、エンディングとかには影響しないっぽい?

 

11月くらいまでが一番、面白かったような。

 

まさか12月のクリスマス前にラストバトル&そのままエンディングなんて思わなかったな…。

 

3つか4つくらい溜め込んでたメメントスの依頼も、全部、消滅してしまった。

 

 

【コープリザルト】

 

上記通り、ゲームキングやら棋士やら記者やら、メメントスイベント起きるとこまで行って、半端に終わってしまった。

 

最終的に、本編関係ないコープだと、政治家と医者と三島と惣次郎と看守くらいか、ランク10までいったのは。

 

半端にランク9か8まで行ったのも、けっこうあった。奥村もそうだし、リュージとか占い師とか教師とかも諸々。

 

最終的に、一番、低かったのは杏で6だった。いつの間にか一番低くなってたな。

 

0.愚者: 勝手にマックスに。

1.魔術師: 勝手にマックスに。

2.女教皇: 7くらいまで行ってた。

3.法王: 10まで行った。双葉目当てで上げてたはずが。

4.女帝: 9まで行って恋人になってたが…。

5.皇帝: 7くらいまで行ってた。寿司に罪はない。

6.恋愛: 6。

7.戦車: 9まで行ってた。覚醒手前…。

8.正義: 勝手にマックスに。

9.隠者: 7まで行ってた。頭ポンポン。

10.運命: 9まで行ってた。年上はあり。

11.剛毅: 10まで行った。一番、楽。

12.刑死者: 7か8。度胸が足りない。

13.死神: 10まで行った。最初から狙ってたので流石に。

14.節制: 7か8まで行ってた。学校でも電話でも会えなくなったような。

15.悪魔: 7くらいまで行ってた。

16.塔: 7くらいまで行ってた。

17.星: 7くらいまで行ってた。ここまで3つともメメントス止まり。

18.月: 10まで行った。いつの間に…。

19.太陽: 10まで行った。休みだけだからか、上がりやすい。

20.審判: 勝手にマックスに。

 

華も、もうちょい早めに屋上に行けることに気づいてればな。

 

こんなザマなので、ペルソナ覚醒もモルガナのみ。…デザインはやっぱ初期のほうが良い気が。

 

人間パラメータは度胸だけ4止まりであとはマックス。おかげで刑死者の話もストップしてた。

 

2周目やったら、いろいろ余裕でオール10まで行けそうだけど、どうだろう。

 

コープの話、未解決だと、後味よあまりくないのが多いので、すべて解決ゾロリしてから終わらせたいのが正直なところ。

 

 

【ストーリー的に】

 

11月末の逆転劇から、サマエル倒すまでは、いいんだけど、その後があんまり好みじゃないというか。(逆転劇も?)

 

スッキリしない展開が、けっこう長々と続いて、そのままズバーっと3月まで飛んでしまい、あっさり終わってしまった感。

 

民衆の手のひらドリルぶりも、けっきょく、何の解決もされずだしなぁ。しようがないだろうけど。

 

そんわけなので、ラストの怪chan100%演出は、若干、引いた。

 

そしてラスボスは偽の神。あれ、NINEでもラスボスじゃなかったっけ?お前。

 

明智のアレについては、初見で思わず、リオンかよ、と。ここを通りたければ、僕を倒してからにするが良い。

 

次回作では、竜骨の仮面をかぶった黒衣の明智が出てきてくれるのかな?

 

明智のペルソナのデザインは、元のロビンフッドが若干、道化感(わざと?)あるので、後期の方がいい感じ。

 

明智もそうだが、ラストのモルガナのいなくなったあとの扱いが、ぞんざいなような…。すぐに打ち上げしたがるし。

 

 

【バトル的に】

 

ラスボスはけっこう強かった。SP回復手段がほぼ無かったので、ほぼ通常攻撃と銃撃で、節約しつつ戦ってた。

 

強化もタルンダかラクカジャだけかけとくような状態。デカジャとか使ってくるので、無理しなくてよかったかもだが。

 

最後まで遊んだけど、やっぱりボスよりザコで油断して死ぬことが多い。

 

最後に死んだのだと、ラスダンでヤマタノオロチに凍結→1more→攻撃コンボで普通に死んだ。

 

最後の方だと、ザコのHPも多く、総攻撃で倒せないことが多い。演出長めなので、使わないことが増えた。

 

金さえ払えば、レベル上位のペルソナも作れるのは、けっこういい感じだった。

 

…最後の最後まで、緊急事態だといいつつ、現金をとるベルベットルームは何なのか。

 

 

【最終的に】

 

P3以外だと、ノーラと刻の工房以来な気がする、日数制限付きのRPGだったけど、やっぱプレイを急かされる。

 

あと、最終日が明確にされないので、いきなり最終局面を迎えて面食らう。ホント、クリスマスイブにラスボスなんてな…。

 

ぶっちゃけ、11月には最後のパレスは攻略済みだったので、12月は占い師もフル活用して、華のランクを上げることに終止してた。

 

イブまでに間に合った―!と思ったら、ラスボスな上に、ランク10行ってないので、けっきょくクリスマスも何も無かったという。

 

 

また、P4Gみたく、完全版でそうだな。明智が生存したり、民衆に反逆したり、1月以降プレイできたりしそう。

 

 

グラフィックとか音楽とか、それに相俟った雰囲気とか、メインサブ共にキャラクターは、かなり良かった。

 

音楽的には、やっぱオタカラ奪取時のLife Will Changeがとてもいい。もっとこの曲で盛り上がる場面が見たかったな。

 

 

ゲーム的には、そこそこ。けっこう、テキトーに遊んでもクリアできたし。あと、やっぱりノンビリ遊びたい。

 

アニメーションは、正直、微妙だった。3Dモデルのムービーシーンの方が、むしろ迫力あったような…。

 

キャラや雰囲気とは別に、ストーリー自体は先述通り、そこまで良くなかった。

 

逆転劇も、与り知らぬところで綿密に仕込まれすぎかつ、一番、肝心な部分がぶっつけだったので、スゲェとはならなかった。

 

 

あとは2周目やって、コープランクオール10くらいは目指そうかな。簡単にできるのか?

 

2周目は、ランク10までいったコープスキルを引き継げるようなので、占い師を10まで持っていったほうがよかったかな。

Comment

Trackback
この記事のトラックバックURL