ライスパックから自炊への移行への悩み

 

自炊で料理は作っているが、米はパックで済ましているひとりぐらし生活。

今年の最初の目標として、200g100円未満のライスパック生活を脱しようかと考えてみる。

(たまに、同量で60円くらいのコストで手に入るのもある)

 

 

当たり前だが、自炊の方がパックよりは、コストパフォーマンスは、いい。

 

 

が、いざ自炊しようと調べてると、とにかくやることの多いこと。慣れちゃえば問題とならなそうだけど、手間。

 

米の保存方法から、洗い、研ぎ、炊くにいたるまで、時間が掛かるし、気にしないと味も落ちるようだし。

 

 

ライスパックだと、1パック調理時間2分で、保存にしても味にしても、何も気兼ねなく、とにかく安定する。

 

なんならレンジせずに、そのままチャーハンとかオムライスを作るのにも使える。

 

 

決してグルメではないので、味もそこまで気にはしてないのもあるけど、自炊で失敗するのはな。

 

自炊は炊飯器から米の種類まで、選択肢も多い。そしてさすがに炊飯器をアレコレ、試してみるのも難しい。

 

ライスパックは、一番、コスパのいいのを選んでるだけなので、悩みもリスクもない。

 

 

うまく作れれば、パックより安くおいしく作れるはずだけど、道は長そう。

 

まずは、炊飯器、米、米びつを探す所から、始めてみる。

 

 

Comment

Trackback
この記事のトラックバックURL