Ever Oasisに期待中

 

先日のニンテンドーダイレクトで、正式に発売日が7月13日と発表されるも、それ以外に特に動きなし。

 

半年か1年くらい前だったかの初報から気になってて、ムービーみて期待値があがったが、宣伝があまりにされてないのが不安。

 

公式HPはおろか、Twitterもない。開発会社のTwitterアカウントで、ちょっと触れられている程度である。

 

公式HP代わりに、任天堂のサイトで、開発者のインタビュー記事はでてる。

 

なんせ、今回のダイレクトの発表で、7月が大激戦になってしまっている。

 

ひとまず、Amazonで、これまた何の前触れもなく予約が始まってたので予約はした。

 

同日13日には、移植とは言えFF12が発売し、1週間後にはSwitchの大本命スプラトゥーン2。

 

月末29日は、前作がオンラインだったので、久々の本家ドラクエシリーズの11が、3DSとPS4で。

 

3DSのRPGで言えば、発売日が延期したアライアンス・アライブも、ちょっと手前の6月22日。

 

アトラスからも、夏から秋にはラジアントヒストリアとストレンジジャーニーのリメイクに、セカダンの新作と、3DSが3本。

 

加えて、発売から1ヶ月以上、がっつり遊んでも未だ探索欲を掻き立て続けているブレスオブザワイルドも、夏にDLCが。

 

 

…下手に宣伝に金をかけても効果が少ないと判断がされたのだろうか?

 

Amazon内の紹介によれば、レベルや装備の概念はあるらしい。こんなところで初めて知った。

 

 

さて、PV見る限り、オアシスの町を発展させる生活パートと、砂漠やダンジョンで戦う探索パートに分かれてる様子。

 

このゲームのモンスターは、動物が謎のパワーで変化した姿とのことで、倒すと元の動物に戻ってる様子が見られる。

 

細かいけど、この演出はいい感じ。全部のモンスターが、元の姿まで作られてるかは分からないけど。

 

ルーンファクトリーも、モンスターは、倒しても異界に戻るだけって設定だっけ。最近だと、ちょっとけものフレンズ感もある。

 

 

戦闘では、連れてきた仲間と操作をリアルタイムで切り替えて戦える様子。これもいい感じ。

 

主観操作で、射撃をするシーンもあったので、ダンジョンもけっこう作り込まれてる?

 

パーティーは3人で、画面の表示はほぼHPくらいのシンプルさ。たまにMP的なゲージが出てる場面も。

 

先述の射撃といい、キャラごとに固有のアクションがありそうので、3人パーティーの組み方で、いろいろ悩みそう。

 

 

仲間は、生活パートで、クエストをこなして、オアシスに住んで貰えば増えていく様子。

 

仲間毎にユニークなスキルがあり、ダンジョンで仕掛けを解くのにも使わているのがわかる。

 

仕掛けについては、解き方はけっこう限定的な雰囲気。流石にブレワイよろしく、いくつか解法があるようにはなってなさそう。

 

 

ゲーム中のデモシーンの演出や、3Dキャラのアップによる会話シーンは、動きや表情も豊かで良さげ。

 

雰囲気の良さはそれで良いとして、あとは生活パートの自由度や、ダンジョン・戦闘が面白いかどうか。

 

主人公が家で寝起きするシーンもあったが、時間の概念はあるのだろうか?

 

仲間はどのくらいいるのだろうか?ボリュームは?やりこみ要素は?

 

いろいろ気になるけど、こればっかりは、やってみないとわからなそう。

 

前提的に、古き良き感じのゲームを現代的に作った感じはある。スタッフが聖剣伝説関係らしいとかなんとか。

 

 

聖剣伝説+生活パートとしては、やっぱりルーンファクトリーを思い出す。

 

シリーズ物が跋扈している中での、新作RPGって意味でも、楽しみ。

 

Comment

Trackback
この記事のトラックバックURL