アライアンス・アライブをプレイ中

 

夏のゲームラッシュ(個人的)第1弾。

 

おおむね、前に遊んだレジェンドオブレガシーの続編。プロジェクトレガシーとは何だったのか。

 

5人パーティーになったり、術の使用制限が大幅に緩和されたり、概ね、順当なバージョンアップをした感じ。

 

遊んでみて知ったが、主人公選択制ではなくなっていた。

 

説明書パッと見て、(選択制なら)ティギーにしようと思ったので先頭はティギーで。

 

船の入手後、あらぬ方向に進んだために、いらん苦労をしたような気がする。

 

【ほどほどの期待感でプレイ開始】

 

かなり前に予約済みで、買うことも決めてたので、あまり事前情報も仕入れず遊び始める。

 

前述通り、主人公選択制では無いことすら知らなかったし、仲間もパッケージに載ってるメインメンバー以外がいるとは思わず。

 

見た目と会社的に、名前は変われど、だいたいレジェレガっしょ、くらいの気持ちでプレイを始める。

 

実際、思ってた以上に、レジェレガの正統進化って感じ。フィールドエネミー出現時のSEがもはや懐かしい。

 

 

キャラデザも音楽もグラフィックもほぼそのまま。サガの派生の派生である。

 

その分、純粋にゲームとしては確実にパワーアップしてる。

 

 

序盤は、割りと一本道だけど、船を自由に動かせるようになってからは、一気に自由に。

 

パーティーも一通り揃い、本番はここから。

 

 

 

【いきなり雪の大陸へ】

 

船を手に入れてからは、大きな2つの目的が示されるが、ガン無視で、黒い海にツッコミ、そのまま未踏の雪の大地へ。

 

この雪の大地の後半戦、仲間が2〜3組に分割されて戦うが、どう考えても、もう少しメンツと装備を整えてくるとこだった。

 

ここで仲間になった老兵のシキも、強キャラ感あって後半に仲間になりそうな感じだったし。

 

(なお、仲間になったのはすべて終わってから…)

 

 

分割戦、ティギーには、貴重な武器の印術風砲を持たせてたため、十分な戦力になったが、他が全体的にキツかった。

 

特に3組に別れた時が(右から攻めるメンツ、左から攻めるメンツ、最後の砦を努めるメンツ)。

 

最後の砦に5人、フルで主戦力にし、左はガリルとアーシュラ、右にジーンとレイチェルを送る。

 

ガリルとアーシュラは大して問題なし、主戦力は余裕だったが、ジーン・レイチェル組が最後にとんでもないことに。

 

長い移動+連戦の締めに、強めのザコ5体との戦闘。まったく歯が立たない。

 

武器が壊れるので勿体なくて使ってなかったが、ここで始めて、全体ファイナルストライクを連発使用。

 

ファイナルストライクを撃てるまで、耐えるのもいっぱいいっぱいだったが、辛うじて勝利。

 

なお、武器は鍛冶ギルドと同盟を結んでれば泊まるだけで直るが、船入手後に直行したため、当然、ギルドとの同盟もなし。

 

さらにその後、いかにもストーリーの山場な、ボス魔族との戦闘。

 

分割したチーム全員で、総当たり戦。砦組、左組、右組で戦闘する。

 

実質、砦組でほぼほぼHPを削りきっており、続くガリル&アーシュラの左組があっさりトドメをさすのだった。

 

アーシュラのファイナルストライクで決まったので、展開的にも満足(ただし武器もろくにないのでライトソードの)。

 

ちなみにクイックでないセーブは、最後にいつしたか覚えてなかった…。勝てなかったら投げ出してるとこだよ。

 

その後、大陸でのフォースギア破壊というミッション自体はあっさりクリアした。

 

 

【今のところ可もなく不可もない感じ】

 

船の自由移動可能で一山、雪国をなんとか突破してもう一山で、ずいぶん遊んできた気がする。

 

まだまるまる行ってない大陸もあるので、まだまだ続きそうだが。

 

 

戦闘は、前作よりも遥かに遊びやすく、面白くなった。

 

相変わらず、カウンターは強力だが、物理以外の攻撃も多くなった気がする。前作のラスボスはほぼカウンターだけで勝ってた。

 

ポジションシステムも、相変わらずでいい感じだけど、メンツが5人に増えたことで、陣形システムが逆に煩わしくなったかな。

 

 

ポジションに加え、前中後列もあるので、ここまで複雑になったら、自由選択式でもよかったような。

 

 

今回もシンボルエンカウントのため、ザコは避けれるし、旨味もそんなにないので、実際、避けまくっても大差なさそう。

 

寧ろ、敵にぶつかると、メンドクサ…となることも多い。

 

そう考えると、サガスカのザコ戦一切排除は、思い切ってるが、サガにあったシステムだったんだな…。

(Vita TV未対応だったため、サガスカ未プレイ)(もうSwitchに来てくれ)

 

 

 

戦闘は良くなったが、前作同様、寧ろ複雑さが増したためか、しばしばUI回りが不便に感じることがある。

 

クイックセーブはB+Rで即発動できるが、デフォルト位置が「はい」で無いため、クイックにセーブできない。

 

船の中にはいつでも入れるが、出るのは徒歩でしか出れないのも面倒。

 

一番、やっかいなのは、Yボタンでメニュー全閉じなところ。最初の方は、よく整理ボタンと間違えた。

 

特に、陣形開発の時なんかは、Bキャンセル時には、閉じることの確認が出るのにYだと一切なく、全閉じする。

 

メニューのカーソルの動きも、スティックでやってるせいか、動きが軽すぎる。

 

細かいとこだが、ゲームUIはやっぱり、全力で楽しめるかどうかに大きく影響するところ。

 

 

前作よりもストーリーは強めだが、正直、そこは大して魅力的ではない。

 

下手にストーリー拘るよりも、何ていうか、キャラクターと世界感をもっと魅せる感じのほうが好み。

 

テーマが「理解」のためか、仲間キャラ全体的にフレンドリーかつ馴染むのが早い。逆に敵はモロに敵意丸出しな感じ。

 

 

ムービーが入るようになり、キャラもカメラもよく動くが、ボイスがないのでかえって不自然な印象。初期のPSのFFみたいな。

 

前作同様のキャラデザは、デザイン自体はけっこう好きだけど、絵のタッチはそこまで好きじゃない。個人的に。

 

前作は、キャラデザとは別で、小林智美絵版もあったが、あれがちょうどいい感じだった。今回、無いのは残念。

 

 

戦闘曲は、フィールドザコ戦だと、戦闘曲にならないのナンデ!?となる。

 

 

メインテーマ曲や戦闘曲はやっぱり良いので、毎回でも聴きたいところ。

 

ザコ戦がメンドウに感じる要因、戦闘曲にならないところにあるような気も…。

 

 

総じて、それなりに楽しんでる。

 

ゆっくりマイペースに遊びたいところだが、夏のゲームラッシュが控えてるので、寄り道しすぎず進めたい。

 

次に向かった結晶の大陸…は入れなかったので、溶岩の大陸で、さっそく寄り道し、でかい植物の強敵にボコボコにされてるけど。

 

 

【余談:今後のゲームラッシュ予定】

 

もう来週末には、期待の新作、エバーオアシス!

 

さらに再来週には、約束された続編、スプラトゥーン2!

 

8月末には、まさかの続編、セカダン2!

 

 

その後も、10月にはSwitchにマリオオデッセイ、3DSにメガテンDSJ。

 

年内には、ゼノブレ2もあるし、ブレスオブザワイルドのDLC追加ストーリーもある。

 

今年はSwitchのフィーバーぶりで、だいぶゲーム充実してる。もっと充実してくれSwitch。

 

サガスカも来てほしいし、Wii Uの隠れた名作陣の、移植・リメイク・続編も期待したい。

 

レジェレガとアラアラ作ったフリューも、次くらいはSwitchで出すかもしれないし。

Comment

Trackback
この記事のトラックバックURL